妊娠初期に食べ物は要注意!

食べるのに注意する食物

妊娠すると、食べたい食べ物も控えなければならことがあります。妊娠期間中は赤ちゃんの安全を考えて、食べてるのに注意したほうがいい食べ物を知っておきましょう。

 

生の魚介類
生の魚介類には近年流行している、「ノロウイルス」があります。感染力が強くおう吐・下痢・高熱などを引き起こします。妊娠期間中は免疫力が低下しているので、生で食べるのはやめて、加熱されているものを食べるようにしましょう。

 

生肉
生肉には「O157」と「トキソプラズマ」があります。「O157」は毎年ニュースになるほど感染するリスクが高くなります。症状は、下痢・発熱・おう吐・だるさなどです。初夏から初秋にかけて気温が温かくなる季節に増殖するので、この季節はとくに注意が必要です。

 

大きな魚(マグロやタイ)
マグロは妊娠中に摂取したい栄養素が満点です。たんぱく質やDHA、EPA,カルシウムが含まれていてとても魅力的な食べ物です。しかし、大きな魚は食物連鎖の上に位置するので、赤ちゃんへの影響が懸念されている「水銀」が、多く含まれている可能性があります。「水銀」は少しずつですが体外に排出されるので、妊娠していなければ心配することはありません。しかし、赤ちゃんは「水銀」を体外に排出できないので、「水銀」の影響を受ける可能性が高くなります。

 

毎日のようにマグロを食べる食生活でなければ、健康被害が起こることもありません。普通の食生活をするようにしましょう。

 

生卵
卵は販売会社によってはきれいに洗浄されていない可能性があります。きれいになっていない卵の殻には「サルモネラ菌」が付着している可能性があります。卵を生で食べる場合は、殻に付着した「サルモネラ菌」に感染することがあります。症状としては、おう吐・腹痛・下痢・発熱などです。

 

コーヒーや緑茶
コーヒーや緑茶には「カフェイン」が含まれています。カフェインは血管を収縮させるだけでなく、鉄やカルシウムの吸収を妨げる働きがあります。そして、赤ちゃんの発育遅延の原因にもなります。カフェインは1日100rとなっていて、コーヒーは1杯で100rあるので、飲みすぎないようにしましょう。最近はカフェインレスの飲料も増えてきたので、それらを利用するようにしましょう。

 

妊娠中は加熱調理を基本として、生の食べ物は食べないようにしましょう。今までのように好きな食べ物を制限しなければならない場合もあります。それでも元気な赤ちゃんを産むためにも努力しましょう。